B型肝炎 & C型肝炎


B型肝炎 & C型肝炎という病気を聞いたことがあるでしょうか。どちらの病気も古くからあるものだということですが、実際にはちゃんと知らないという人もいるかと思われます。では、B型肝炎 & C型肝炎という病気について知っていきましょう。

【C型肝炎について】

この病気は、HCVと呼ばれるC型肝炎ウイルスが原因によって起こる肝炎のことです。この病気の感染者は実に150万人から250万人とも言われています。そのうち、ウイルスを持っていながら肝臓の障害に気がついていないという人が60万人はいるといわれているのです。

まずこの病気は血液によって感染するものですから、性行為による可能性は少ないものとされています。そして、特徴的なところとしては、症状そのものは軽いのですが、感染者の7割近い人は慢性化して、肝硬変、そして肝臓がんに移行する可能性が高いとされていますから、十分に気をつける必要性があるのです。ちなみに、肝臓がんといったらC型肝炎というくらいに関連性が深く、患者の8割がこの病気を持っているのです。

感染に関してですが、性行為による可能性は少ないのですが、アナルセックス、あるいは生理中の性行為といったように、出血や粘膜の損傷を伴った性行為の場合は感染する可能性が高くなってしまいます。また、母子感染というケースもありますが、これは妊婦検診を受けることによって避けることはできます。また、過去に起こった事件としては、加熱殺菌されていない血液製剤が原因で、薬害としてC型肝炎ウイルスに感染したという人もいるのです。

【C型肝炎の症状について】

これは男女共に似たような症状が出ることになります。感染した日から発症までの期間は大体2週間から3ヶ月くらいだといわれています。主な症状としては、全身のだるさ、食欲不振、尿の色が濃くなる、発熱や黄疸といったものがあります。急性のものでこうした症状が出る人は、全体の2割から3割といわれており、実際に他の肝炎と比べたときには症状が軽くて自覚症状が出ない人もいるのです。治療を行って慢性化や劇症化が起こらなければ治ります。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪

【B型肝炎について】

B型肝炎ウイルスに感染することによって、B型肝炎が発症してしまいます。肝臓が壊れてしまうことによって働きが悪くなるというものです。急性のものは数ヶ月で治ることがあるのですが、やはりこちらも慢性化した場合には肝硬変や肝臓がんになってしまう可能性がありますから十分に気をつけることが大事となります。

ちなみに、この病気に関しては、海外で感染するケースも多いといわれています。特に、アジアやアフリカにおいて多く見られることが確認されており、海外から持ち帰ってしまうということが増えているといわれています。性行為による感染が増えていると言われているのですが、セックスパートナーの数が多いほどに感染者が増えるといわれているのです。実は、B型肝炎は世界的に感染者が多いといわれています。持続感染者がおよそ3億5千万人といわれており、そのうち日本での感染者数は130万人以上とされているのです。

感染についてですが、これはあらゆる性行為において感染してしまいます。とても感染力の強いウイルスということです。ちなみに、飲み物を回しのみする程度では感染はしません。また、近年では、慢性化するタイプのウイルスが増えてきているということですから特に気をつけなければなりません。

≫今すぐ検査キットを調べる≪

【B型肝炎の症状について】

この病気によって引き起こされる症状についてですが、基本はC型肝炎と変わりはありません。感染者の半数以上は症状が出ないままに自然に治るものとなっています。一般的には安静にしていれば症状が出てから2ヶ月から3ヶ月程度おとなしくしていれば自然に治ります。ただ、まれに症状が一気に重くなるケースもあって、そうなると肝臓移植を行わなければ高い確率で死亡してしまいます。

【B型肝炎の治療について】

ほとんどの人は数ヶ月で治癒するのですが、症状によっては入院して抗ウイルス療法を行うことになります。感染予防に対しては、ワクチンを接種するのが有効となります。ちなみに、急性のタイプのものに一度感染した場合には抗体ができるため、再感染の可能性は下がります。予防法としてはコンドームを使うことが効果的です。また、パートナーの検査も場合によっては必要になります。

B型肝炎 & C型肝炎に関して言うと、検査はとても重要です。ただ、病院に行く時間が無いという場合、人と会うことによって行うような検査はどうしても恥ずかしいという場合には、郵送での検査が可能です。検査物を自分で採取して送るタイプのものとなっています。この結果はネット上でも確認ができるようになっています。プライバシーも守られますし、誰にも知られたくないという人にとっては便利なものです。将来的に困ったことにならないようにするためにも、検査は確実に受けておくことをお勧めしたいです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪