カンジダとは


カンジダと呼ばれる病気があります。これは性病のひとつなのですが、名前くらいしか知らないという方も中にはいるかと思われます。どのような病気かといわれたときに、きちんと説明できるようになっておくことはとても大事なことです。

【カンジダとは?】

カンジダとは、特に女性に多い病気だといわれています。ちなみに、このカンジダの菌ですが、もともとヒトの体内にある菌だといわれています。当然パートナーから感染する可能性だってあるのですが、他の性病とは少し性質が異なるものとなっています。女性のカンジダの典型的な症状としては、外陰部のかゆみがあること、ヨーグルト状のおりものが増えたりすることが考えられます。ちなみに、男性に関しては症状が出ることは少ないといわれているのですが、包茎の人の場合に葉、女性と同様にかゆみなどの症状が出やすくなる可能性があります。

【カンジダの感染について】

では、どうしてカンジダが感染するのかということです。これは性行為による感染も当然あります。ですが、人が体内に元々持っている菌ということもあり、何かしらのきっかけによっていろんな症状を引き起こすケースもあるのです。たとえば、体調が悪くなるといったことも十分にありえる話です。もしも何かしらの症状が出ているときにはパートナーとの性行為は避けるように注意をしたいものです。

カンジダというのは、カビの一種です。体内にも存在している菌ということもあって、人が体内に持っていることが多い菌です。何かしらのきっかけによって膣内の善玉菌が減少すると、それによってカンジダは増殖します。それがきっかけで発症してしまうのです。膣内が汚れていると思って洗いすぎてしまうと、元々そこにいて膣内を正常な状態に保っている善玉菌まで洗い流してしまうことになるのです。その結果、バランスが崩れてしまうことになりますから、洗いすぎは避けたいというわけです。さらには、抗生物質を摂取した場合にも発症するケースがありますから十分に気をつけたいところです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪

【カンジダの症状について】

カンジダは、男性が感染したとしても症状はほとんど出ないことが知られています。ステロイド剤の投与によって症状が出る場合があります。主な症状としては、亀頭のかゆみやただれ、亀頭に小さな水泡、亀頭が赤くなり、白いカスが出る、尿道炎が起こることもあるというものです。

これに対して女性がカンジダに感染した場合には、何かしらの症状がることが多いです。膣、それに外陰部に症状が現れることが多いです。これを膣カンジダ症と呼んでいます。主な症状としては、外陰部や膣のかゆみ、性器の炎症、ヨーグルト上のおりものが増える、排尿障害、性交痛などが起こります。女性の場合はこうした症状が出るのですが、疲労や風邪、それにストレスなどが原因となって免疫力の低下が起こるケースがありますし、さらには妊娠や抗生物質の濫用などによっても症状が出ることがあるのです。ちなみに、これは正確には病気というわけではなくて、元々体内にあった菌が暴れているような状態ですから、健康的な生活を心がけることが大事となります。

≫今すぐ検査キットを調べる≪

【カンジダの検査について】

カンジダの検査についてですが、男性の場合は亀頭周辺の菌を綿棒でとって検査を行うものです。女性の場合は、膣や外陰部の症状を見て菌を検査します。

症状が出るまで、そして検査のタイミングですが、性行為によって感染した日などについては特定は難しいとされています。これは、症状が出ていない場合でもパートナーに感染させる可能性があるためです。カンジダ菌が体内に存在していれば検査は可能となります。菌が検出されるだけではなくて、かゆみやおりものなどがあれば、この病気と診断されるため、症状が出てから検査を受けることが好ましいとされています。

【治療と予防について】

治療の流れについてですが、感染していると診断された場合、軟膏を塗布すること、または膣剤の使用が1日から2日に渡り行われるものとなります。再検査でオッケーが出た場合には治療が完了となります。また、少しですが再発を繰り返す可能性があります。治療においては時間がかかる可能性がありますから、じっくりと時間をかけて、免疫力の低下を防ぐことが大事となります。カンジダ菌の生息しにくいようにすることが大事です。

予防については、コンドームを使うことが性行為に対しては有効になります。また、パートナーに対しての検査も有効な手段となります。それから、免疫力が低下するような要因はできる限り取り除くことを意識しましょう。

検査はとても大事なものですから、必ず行うことを意識したいです。誰でもなる可能性があるものですから、もしもプライバシーが気になるならば、検査キットなるものを使うと良いでしょう。結果もネット上だけで見ることができるものもあります。受けたことが無いという場合には、ぜひ受けてみると良いでしょう。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪