エイズ(HIV)


昔からよく知られている性病のひとつであるエイズですが、これはいったいどのような病気なのでしょうか。特に近年は感染者も増えていると言われているため、しっかりとした知識を身に着けてお必要性はとても高いです。

【エイズとは】

エイズは、HIVとも言われているものです。これはエイズウイルスのことであり、正式にはヒト免疫不全ウイルスといわれるものです。これに感染することによって、免疫力が低下してしまうというウイルスのことを言います。

これに感染したとき、治療をせずにいた場合、免疫力がだんだん弱くなっていきます。その結果、数年から10年程度で、なんとも無いようなウイルス、細菌などによってもいろんな病気が起こります。時に、本来人間の体の中にいるような菌によっても病気が発症してしまいます。この症状がエイズに発症したというのです。

【エイズについて正しく知る】

体内の免疫力が落ちてしまうという、とても恐ろしい病気ということなのですが、このエイズについては正しい知識が無ければ怖さがどうしても先にいってしまいます。しっかりと理解を深めることによって、通常言われているような、誰にでも関係のある病気ということを知っておくと良いでしょう。

エイズの感染の仕組みですが、エイズウイルスを含んでいる血液や精液、それに膣分泌液に母乳といった体液が、相手の粘膜部分、それに傷口に接触することによって感染する可能性が出てきます。ちなみに、血液や精液などが原因となっており、汗や涙、それに便、尿といったものに接触したことによっての感染はありません。皮膚に接触した位では感染はしないのですが、これは皮膚そのものがバリアーのような役割を果たしているためです。健康な皮膚に精液や血液が付着した程度で感染することはありません。ですが、傷口や粘膜の場合は、皮膚というバリアがないこともあって、感染の可能性が高くなるわけです。ちなみに、他の性病に感染している場合には、感染率が数倍にもなるといわれているのです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪

【エイズの感染経路】

エイズの感染経路ですが、これは大きく分けて性行為によるもの、血液によるもの、そして母子感染の3つがあります。日本国内においては性行為によるものが最も多いとされているのです。性行為による感染ですが、これはセックス、オーラルセックス、そしてアナルセックスなどあらゆるものにおいて感染の可能性があります。性行為によってできるちょっとした傷口や粘膜からエイズウイルスが侵入して感染してしまいます。それから、注射によっても感染する可能性があります。特に輸血による感染というのは大いに可能性があるものです。HIVウイルスに侵された血液というのは、初期の場合は今の技術をもってしても判断できないところがありますから、検査をすり抜けてしまうこともあるのです。ですから、献血をするのは極力避けることが大事です。それから、知らず知らずのうちに母子感染させてしまっているということもありますが、これは妊婦検診で感染の有無を知ることができますし、母親が感染しているとしても、先に医師からの治療を受けることによって子供への感染を防ぐことができるのです。

ちなみに、このウイルスはヒトの体内で生き続けることができるのですが、体の外に出てしまうことによって、感染力をなくしてしまいます。そして、このウイルスを含むのは、血液や精液、それに母乳や膣分泌液などの体液です。つまりは、それらに触れることが無い通常の日常生活では感染はしません。昔はそれこそお風呂に入っただけで感染してしまう可能性があるといわれていたのです。手をつないだだけでもだめといった、異なった情報が流れていたのですが、そのようなことで感染することは一切ありません。

≫今すぐ検査キットを調べる≪

【エイズに感染した場合と治療法】

もしもエイズに感染した場合はどのようになってしまうのでしょう。感染してから2週間から4週間くらいは感染初期といわれており、インフルエンザにも似た症状が出るとされています。それから先は無症状期と呼ばれる期間が続きます。期間には個人差があって、1年程度で発症することもありますし、10年は無症状といった場合もあります。この期間中も免疫力は低下していきます。そして、最終的に免疫力が低下していくことによって、下痢や寝汗、それに体重の大きな低下が起こる可能性が生まれるのです。

現在では、エイズに感染していることに気がついた場合、エイズの発症を抑えることができますし、さらには検査を受けることによって早期治療ができればその分症状を軽くすることもできるわけです。ちなみに、この検査は郵送によるキットによって受けることもできますから、病院や保険所などで受けることがどうしても抵抗がある場合には便利です。

昔は不治の病といわれていたエイズですが、今は決してそのようなことはないというのが実際のところです。検査はできる限り早めに行いたいところです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪