クラミジアとは


性病のひとつとして数えられているクラミジアですが、これはいったいどのような病気なのでしょうか。名前は知っているけども、実際には知らないという人もいるかと思います。知っておくべきところは実はたくさんあるのです。性病は恥ずかしいものという意識はあるかもしれませんが、実際に多くの人が感染の被害にあっているという現実がありますから、知識として正しいものを理解しておきたいところです。

【クラミジアとは】

性器クラミジアは、クラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌に感染することによって起こるものです。これは、真菌と呼ばれるものの一種です。

これは、感染者がとても多く、感染しやすいと言われている性感染症です。性交渉によって感染する可能性は、1回につき50%ととても高いものとなっているのです。日本においては、実に100万人以上もの人が感染しているといわれており、70%が10代から20代と、若い人たちへの感染が広がっているということです。

【自覚症状が出にくい】

クラミジアという性病は、実は自覚症状が出にくいとされている病気です。実はそれが危険とされていることの原因となっているのです。感染したとしても、そのまま症状が出ないということも珍しいことではないのです。発熱、かゆみ、あるいは腫れといったことが出るのであれば気づくこともあるのですが、症状が無いということもあって、そのまま感染を広げてしまう可能性があるということなのです。

治療をしないままに放置しておくと、女性は特に危険なことになってしまいます。体の内部で感染が広がって、内膜炎、卵管炎が発症する可能性があります。結果的に子宮外妊娠、不妊の原因にもなります。また、流産や早産といったことへの可能性もありますから、放置せずにしっかりと検査をしてわかり次第治療を行うといったことをお勧めしたいところです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪

【感染経路について】

クラミジアの感染経路についてですが、主な原因としては膣や子宮、男性の咽喉や尿道にクラミジアの細菌が住み着きます。それは性行為によるものが原因となります。感染場所は、尿道、子宮の入り口の細胞になります。ちなみに、特に多いのは風俗で働く女性の感染率が高いものとなっています。そして、風俗店で感染した男性が他の女性に移してしまうというケースが多いといわれているのです。

ちなみに、トイレの便座やコップの回しのみといったものから移ることはありませんから、そこまで気にするようなことは無いでしょう。性行為の場合は、少なくともコンドームを着用することが大事であり、自分を守ることができますし、また相手を守ることもできるのです。

≫今すぐ検査キットを調べる≪

【症状について】

クラミジアの症状についてです。女性の症状としては、おりものが増える、または性行為の後に軽い出血があるという人もいます。子宮内膜、または腹腔内にまで広がることによって、激しい痛み、下腹部の痛み、性交痛といったものも感じることになります。クラミジアの感染が腹腔内にまで広がることによって、肝臓にまで炎症が広がったときには、とても激しい腹痛を訴えることもあります・時には救急車で運ばれるケースもありますから十分に気をつけるようにしましょう。

男性の症状については、尿道に不快感を感じることもあります。さらには膿のような分泌物を感じることもありますし、自覚症状が無いという人も少なくはありません。症状が出ないというケースもありますから、そのまま知らずに性行為を続けてしまい、クラミジアが感染を広げてしまうケースも決して珍しいものではありません。重症になることも少ないということもあって、病院にいかずにそのまま放置という人も決して珍しいことではないのです。ただ、できることならば、女性への感染を防ぐためにもきちんと検査をするべきなのです。

淋病は、薬によって完治します。ただ、そのときには適切な治療が必要になりますし、パートナーの理解も必要になります。心配であれば2人とも検査を受ける必要がありますし、再感染にも十分な注意が求められます。どうしても迷っているという場合であれば、とにかく一度検査を受けてみると良いでしょう。そうすることで、不安も安心に変えることができるはずです。検査ができるところも調べてみると良いでしょう。

【クラミジアの治療について】

クラミジアの治療には、クラミジア感染治療薬と呼ばれるものが使われます。ジスロマックと呼ばれる薬があるのですが、これを1回飲めば7日間は効果が続きます。ほとんどのクラミジアに効果があって便利なものなのです。初めてクラミジアに感染したときは、それがクラミジアだという判断ができないこともあって、まずは病院に行ってみることをお勧めするのですが、それが家族やパートナーに知られたくないという葉愛には、検査キットを使うと良いでしょう。そして、陽性の場合には、個人輸入代行などを使って治療薬を手に入れて自宅で治すということも可能です。日本の場合は、処方箋があって、それで薬を出してもらうというのが一般的ですが、もしもどうしてもという場合には、こうした手も十分に検討する余地があるでしょう。

クラミジアは、感染力が強いという意味ではとても厄介な病気なのです。だからこそ早期の発見と治療が大事です。定期的に検査をすることはとても大事ですから、治療を行う上では、その点はしっかりと意識しておきましょう。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪