淋病とは


淋病という病気があります。この病気は性病の一つとして知られているものです。果たして、この病気はどのようなものとなっているのでしょうか。近年は特に性病への関心が高まっていることもありますから、詳しく知っておきたいところです。

【淋病とは?】

淋病という病気がありますが、これは淋菌感染症と呼ばれるものです。淋菌という菌に感染することによって起こります。男性の場合、感染すると尿道炎、女性の場合は子宮頚管炎を起こす原因となります。放置したままでいると、体の奥に感染が広がってきます。そして、男性も女性の場合もいろんな症状が起こってきます。淋病の感染は、オーラルセックスによって咽頭への感染が目立っているわけですが、自覚症状がないこともあって、知らず知らずのうちに他者に移してしまっていることがあるのです。

【男性の淋病について】

男性が淋病に感染した場合、自覚症状ははっきりとしています。放尿のときに尿道炎による激しい痛みが出てきます。ですが、感染した場合には症状が少ないこともあって、検査を受けて初めて判明することもあるのです。感染してから1週間以内には排尿時に激しい痛みを感じることになり、尿道からありえない量の膿が出てくることも特徴的です。男性の淋病は、もっとも激しいものであるといわれており、そのまま何もしないで放置していると、精巣上体炎を起こしてしまいます。陰嚢は大きくなって痛みを大きく伴うことになりますし、歩行困難になることもあります。また、ちなみに、感染はのどに起こったとしてもほとんど症状が出ないのが特徴的です。

【女性の淋病について】

男性の淋病への感染と比較したとき、その症状は乏しいことが多く、まったく症状が出ないこともあります。ですから、感染をいつしたのかもわからないこともありますし、検査をしたときに初めて判明するといぅったケースがあるのです。淋病の自覚症状の中でも最も多いとされているのがおりものが増えることです。特に、生理でもなんでもないのに出血することだってあるのです。尿道や外陰部に痛みが広がってしまうと強い痛みや腫れを感じることもあります。トリコモナスやクラミジア、マイコプラズマなどとも症状が似ていることもあって、識別はきちんと行う必要性があります。男性と同じく、のどに感染したとしても症状はありません。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪

【感染の理由について】

淋病は、オーラルセックス、または口と口、口と性器、性器と性器が触れ合うといった行為によって感染することがあります。ちなみに、片方が菌を持っていた場合に感染する可能性は実に1回につき3割と実に高い確率であることがわかります。クラミジアと同じく、咽頭にも感染する可能性があり、フェラチオなどによって口に感染する可能性も念頭においておく必要があります。ちなみに、淋病に感染している性器に何気なく触れて、その手で目を触ることによって淋菌結膜炎という病気になるケースもあります。特にこれには注意が必要になります。

淋菌そのものはとても弱い菌となっています。ですから、性行為以外の感染というのはまれなのですが、家族内での感染が起こる可能性も0ではありません。淋菌の感染した母親と一緒にお風呂に入った女の子が、母親のおりものに触れたことによって感染したものといわれているのです。

≫今すぐ検査キットを調べる≪

【性病の検査について】

淋病になった場合には、大体症状が出るまでに数日ないし1週間ほどかかります。症状があるならばその時点で、もしも症状がないというならば1週間ほど待ってから検査をしましょう。感染が心配という場合には、最後に性行為をした日から数えて1週間後のときに検査を行うようにしてみましょう。その方が見つかる可能性は高くなります。

検査の方法は、遺伝検査が主なものとなっています。PCR法、そしてSDA法と呼ばれるものが普及しており、きわめて精度が高いものとなっています。綿棒採取検体、うがい液、尿などで調べるものとなります。尿道炎や膿といったものが出ている場合には、どの方法でも菌を見つけることができますから、検出もすぐにできてしまいます。症状が乏しい場合、まったく無い場合には検査は慎重に行われます。病院に行って検査を受けるのも良いですし、もしもどうしても恥ずかしい、誰にも知られたくないというのならば、自宅でできる検査キットというものを試してみると良いでしょう。誰にも知られることも無く、安心して調べることができるものが多数販売されています。

淋病は、薬によって完治します。ただ、そのときには適切な治療が必要になりますし、パートナーの理解も必要になります。心配であれば2人とも検査を受ける必要がありますし、再感染にも十分な注意が求められます。どうしても迷っているという場合であれば、とにかく一度検査を受けてみると良いでしょう。そうすることで、不安も安心に変えることができるはずです。検査ができるところも調べてみると良いでしょう。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪