性病の検査を自宅でする方法とは?

自宅から郵送で楽々性病の確認する方法

梅毒ってどんな病気なの?


梅毒は古くから知られている、主に性行為で感染する性病の1つです。多くの人が一度は聞いたことがあるんではないでしょうか。 かつては有効な治療法が確立されておらず恐れられていた病気でしたが、戦後に治療法が確立され、現在は早期治療で完治する病気となっています。
しかし近年、すでに過去の病気として知名度が下がっていた梅毒の感染者がまた拡大しているようなのです。
梅毒は、男性でも女性でも感染しうる病気です。男性の場合は陰茎にしこりが出来たり、リンパ節が腫れて炎症を起こしたりといった症状がでる事が多くあるのですが、 女性の場合にはそういった分かりやすい症状が出ない事も多く、痛みもないので気が付かないまま悪化している場合も珍しくない為、少しでも気になる場合は早めに検査する事が重要です。

◆ 梅毒ってどんな病気なの?

どんな病気なの?
・比較的感染しやすく、多くは性交渉によって感染します。
・場合によっては、キスだけでも感染する事があります。
感染してしまうとHIVウイルスにも感染しやすくなります。
・以前は不治の病とされていましたが、現在は完治できます。

疑わしい症状とは
梅毒に感染した場合、感染した日から約3週間~2、3ヶ月ぐらいで感染した部分に少し硬い小さなしこりができます。注意しなければいけない点は、このしこりは放置しているといつのまにか自然に消えてしまうという点です。 しばらく様子を見ていたらしこりが消えたので安心してしまった、という方が多いようですが、実は病原菌が体内にどんどん広がっていて見えないところで病気が進行していきます。感染から3年ぐらいすると体中のリンパ節が腫れ、熱がでたり、手足に赤い発疹がでる場合もあります。 少しでも気になる場合は、すぐにでも検査をするべきです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪

少しでも気になっているなら、すぐに検査を!

今でこそ早期治療すれば簡単に感知する知名度が低くなった病気ですが、その昔は死の病と恐れられた病気です。放置してしまうと大変な事になってしまいます。 「ちょっと気になるけど病院に行く時間はない」、「最近なんだか体の様子が気になるけど」、「病院で検査するのは恥ずかしいから」などで、結局は放置してしまう人が本当に多いようです。
体の様子が変だなぁと感じた場合、少しでも思い当たる事があるのであればすぐにでも検査をする事をおすすめします。現在では性病に感染していないか検査する方法がいくつかあります。
病院などに行く時間が無い方や、検査して貰うのが恥ずかしいから等の理由であれば、自宅で検査キットを使って郵送で性病検査してもらうという方法もあります。

≫今すぐ検査キットを調べる≪

◆ 思い当たる人はすぐにでも検査を!

病院で検査してもらう方法
1つは病院で検査して貰う方法です。泌尿器科や産婦人科などの病院へ行って性病の検査をしてほしいと言えば、検査してもらえます。病院で検査するメリットとしては、もしも病気が見つかった場合には、そのまま治療を受けられる事です。デメリットとしては、症状がでていない段階での検査は保険の適用ができない場合が多い事と、予約や待ち時間などで検査までに時間がかかることです。

保健所で検査してもらう方法
保健所で検査して貰う方法もあります。現在は全国の保健所で性病検査が行われており、基本的に費用がかかりません。メリットとしては、匿名で検査を受ける事ができる事と前述したとおり基本的には検査費用がかからない事です。デメリットとしては、自治体によりますが毎日行われている訳ではなく主に平日の昼間に行われる事が多い為、予定を合わせる事が難しい点です。

検査キットで検査する
病院や保健所に行く時間がない方や、検査してもらう事が恥ずかしいと感じる方、症状が軽くて性病かどうかはっきりしない方には、自宅で検査キットを使って郵送で性病の検査をしてもらう方法があります。 最近主流になってきている性病検査の方法で、検査に強うな器具をセットにした物が売られており、自分で(自宅で)粘膜の一部などを摂取し、検査機関へ郵送して検査してもらう事ができます。 自宅で簡単に、匿名で検査できます。(検査機関によりますが匿名で検査できるところが多いです)
ネットで検査キットを購入し自宅で検査をし、キットを郵送して検査して貰う方法になります。自宅に居ながら誰にも知られず不安を取り除ける方法なのでおすすめです。

≫検査キットついて詳しくはこちら≪